読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西に落ちる瞬間に理由なし

東西SHOW合戦全16公演お疲れ様でした。
SixTONESの6人、関西ジャニーズJr.の4人、バックのジャニーズJr.の10人。みんな大好きなので幸せな9日間(実質8日だけど)だったなあ。
いろいろありました。本当にいろいろありました。主にSixTONES側に(笑)
でも最終的にはとても良い公演だった!って感じで終われたんじゃないかと思います。

私はSixTONESの田中樹くんを担当として、1年半ほど樹担として生きています。
しかし昨年10月のジャニーズフューチャーワールド梅田公演にて関西ジャニーズJr.の大西流星くんと出会ってしまい発病してしまいました。りゅちぇ病が。
大西流星くんに落ちた経緯についてはこちら。

ssm11.hatenablog.jp

絶賛りゅちぇ病真っ最中に発表された今回の東西SHOW合戦、ヲタク的生死の分かれ目でした。
自担の現場が決まったことは嬉しいけどまさかの発病対象と共演する。それも東京で。
大西さんを好きになったときは、東西で現場なんて被らないし掛け持ちでうまくやっていけるのでは?と正直思っていました。
私は東京の人間なので、関西Jr.を好きになっても現場に足を運べる機会は関東Jr.より格段に少ないです。だからほどよい熱量で関西Jr.のことはゆるく応援していけるんじゃないかと。

甘かったです。
関西ジャニーズJr.という集団は想像以上にエグい力でこちらを引きずり込んでくる。
抗えなかった。されるがままにズブズブです。
こうして現場が被ったことで気付いてしまった、というか認めざるを得なかった。

東西SHOW合戦が始まるまでには映画ドリステのDVDを買ったり松竹座クリパに行ったりなどしていました。
もはや自ら積極的に関西沼に溺れに行ってるじゃないか。でも楽しかったから仕方ないんです。
さらに週1でまいど!ジャ〜ニ〜とかいう多大なる燃料もといシャブが投下されるわけです。ガムシャラ!を失った関東担の心は完全にまいジャニが埋めてくれました。
そのへんについて書いてたんですがめちゃくちゃ長くなってきたのでいったん割愛。次の記事にまとめたい。
結論だけ言うとクリパが半端なく楽しすぎて深刻なクリパロスに陥るほど最高の現場だったのでクリパでほぼ降りていたんじゃないかなーと思います。

暴露してしまうと東西SHOW合戦の当落前くらいにはJr.情報局の名義をぬるっと大西流星に変更していました。春松竹の申し込みもあるし勢いでやっちゃえーって。
結果春松竹は落選したんですが(なぜかジェシーとか北斗の名義で取れた…)東西は当選しました。千秋楽が。千秋楽なんて当たるわけないと思ってたのに取れました。
なんかもう、これは大西さんに呼ばれているのでは?と思い込みました。自担も出るだろって話だけど(笑)
ヲタクやってる上である程度の思い込みって大事でもあると思います。私は大西さんに呼ばれた!大西さんにお金を落とすぞ!って気持ちになりました。

我ながら不器用なヲタクだと自覚し始め、うまいこと掛け持ちとかできない拗らせ方をしていることに気付いてきました。一度好きになると他が見えなくなってしまう。チョット愚直に猪突猛進です。
樹くんを好きになった当初もこんな感じでした。あの頃はガムシャラ!が生きていたので今で言うまいジャニ(その頃もまいジャニは放送していたけど存在を知らなかった)のように毎週燃料がドカドカ投下されてった。
そういう環境も環境だったなと思います。今は毎週まいジャニがあるのにガムシャラはない。Rの法則もない。テレビで樹くんを見る時間より大西さんを見る時間のほうが長かったここ最近。
見る時間が長ければそりゃー好きになってしまいます。それにガムシャラは初回から全部見ているけどまいジャニはまだ半分も見ていないはず。この世にはまだ見ぬ大西さんがたくさん存在しているんだ…恐ろしい…。

自分の感情に嘘付いててもなんの意味もないのでもう大西担でいいじゃんいいじゃん〜と思いつつ年齢差の壁というものがなかなか無視できなくて、そこずっと悩んでました。
歴代担当も自分より年下ばかりなので年下を担当にすること自体は抵抗がない、けどここまで年下な子は初めてだ。犯罪では?
幸か不幸か誕生日が偶然にも同じなので私と大西さんが生きている限り1日でも年齢差が縮まることがないんです。全く同じタイミングで年を取っていくと思うと恐怖しかない(笑)
でも好きなアイドルと誕生日が同じって逆に喜ばしいことでもありますしね!逆にね!開き直ればいい。今年の誕生日は絶対に松竹座で迎えると決めてます。
好きになってしまったものはどうしようもないので年齢とか気にしてる場合じゃないです。年の差は気にしっなっいっでっ!

二度目だけどもうどうしたって抗えなかったんですよ大西流星に!関西ジャニーズJr.に!
いきなり東西初日の話になるんですがいざ公演が始まってみたらもう自分の双眼鏡が一番に映す対象が大西流星だったから。嘘は付けない。
SixTONESも大好き。大好きだけど私が今一番追いたいのって大西流星くんなんだと身をもって実感してしまいました。

とにかく顔がかわいい。ダントツでかわいい。あのかわいいお顔がくるくる表情を変えていくのを見るのがとても楽しい。一分一秒も飽きさせない、それが大西ワールド!!
顔だけじゃない、ダンスもめちゃくちゃ魅力的で、でもダンスは私が全く知識がないのでどこがどう良いとかが言い表せないんですけど楽しそうに踊るから見ているこっちも楽しい。
大西流星くんを見ていることがものすごく楽し〜〜い!!顔がかわいいしかっこいい!誘うのときなんて顔がめちゃくちゃかっこいい!かわいかったはずなのにかっこいい!語彙力は死にました。

あとはやっぱりコントの妖精です。あれは本当〜〜にしんどい。しんどいとしか言えない。
なんと言うか、自分のフェチ心をゴリッゴリ抉っていきました。こんな表現しかできなくて申し訳ない。
キモヲタ供おめーらこういうの好きだろ??って言われてる感じ。はい好きです…。北美より妖精ちゃんのほうがしんどかったのは私がロリコンだからです。
本人はあのキャラを嫌々やっていたっていうのがまたたまらないです。発想が完全にキモヲタだー気持ち悪いー!それでもやり切ってくれてありがとうございます大西プロ

終演後SixTONES担の友人たちに会っても大西流星やばい大西流星やばいしか話してなくて救いようがありませんでした。
論理的な理由とか説明できない。ただ大西流星くんが私の目を一番に奪っていったから、私はもう大西流星くんを担当だと認めざるを得ない状況でした。
そもそも担当ってなんだろう。担当の定義が個人個人で違ってくるからこの感情は担当という言葉で表現してしまっていいのかよく分かりません。
何にせよ私が一番この目に映したいと思って一挙一動を追っていたのが大西流星くんだったことは間違いありません。

この前電車に乗りながらiPodをシャッフルしていたらJuice=Juiceの(原曲は違います)「鳴り始めた恋のBell」が流れてきて。
何気なく聴いていたら「恋に落ちる瞬間に理由なし」という歌詞が面白いくらいグサッと突き刺さりました。
本当にその通りだ。大西流星くんに落ちる瞬間に理由とかなかった。
好きです。それだけです。好きだーーーーー!!!!!!(CV太田和毅)(映画バニラボーイのジェシーの役です)
余談ですがバニラボーイで太田くんが三井さん(太田くんの想い人)の写メをズームしながらめっちゃカワイイ!!!!!って叫ぶシーンがあるんですが北斗担の友人の前で全く同じ行動を大西流星くんの画像でやってしまいました。無意識に。

そんなこんなで、大西流星くんが好きです。
この気持ち、やっぱり担降りでいいのかな。いいよな。担降りしました!大西流星くんに!
顔がかわいくてかっこよくてダンスが上手くてお歌も結構歌えて立ち居振る舞い全てがスーパーアイドルな大西流星くんをこれからも見ていきたい。
ちなみに好きな顔のパーツは眉毛と目と下唇と喉仏です。最後は顔ではない。
もっと前から知っていたかったって気持ちはもちろん大いにあります。でも中学生のうちに大西流星くんと出会えてよかった。まだ義務教育中ってやばない??
自担(もう元担か…)も東西期間を経て完全に大西マジックにかかってるようなので担タレ現象の一部でもあるのかもしれません。ショタコン担がショタコンになった。

自分本当にクソヲタでジャニヲタ歴5年くらいにしてこれで担当4人目とかいうクソ遍歴持ってるのでいつまで大西担でいられるか分からないです。また来年の今頃は違う子好きになってるかもしれない。
それでも今を生きるしかないので今は大西流星くんのことを一番に応援させていただきます。

大西流星くん、そして頼れる関西ジャニーズJr.のお兄ちゃんたち西畑大吾くん、向井康二くん、室龍太くん!東西SHOW合戦本当にお疲れ様でした!!!
大西さん初めての東京での長期公演、初日も楽も見届けられて幸せです!春松竹も楽しみだ〜〜!!!

それからSixTONES
東西SHOW合戦で見たSixTONESは今まで以上にめちゃくちゃにカッコいいグループになっていた!!降りるのが心苦しい!How Amazing SixTONES is!!!!!!
降りた奴(私)ザマーwwwって言えるくらいどんどんでっかくなってください。というかなれる。確実になる。
どっちにしろ関東で一番好きなのがSixTONESなのは揺るぎないので今後も現場は行きます。単独コンやろうな。
SixTONESSixTONES担も、一見とっつきにくい奴らに見えるけど実はそんなことなくてとても熱い人たちなんですよね。好きだ!お前らとまた騒ぎたい!!

関東も関西も大好きだからこそ今回の公演は本当に本当に大切な思い出になりました。
SixTONESを盛り上げる関西担も、関西Jr.を盛り上げるSixTONES担も、どちらの出番も盛り上げてくれたバック担も、みんな良い思い出になっていたらいいな。
私はこの2月を忘れないよ!!!!!!!!!!

f:id:ssm11:20170227233520j:image
お顔がかわいい!!!!